音楽

2014年6月 2日 (月)

Larry Adler

この写真は僕の宝物です。ハーモニカの巨匠 Larry Adler歓迎レセプションでAmazing Glaceを吹いています。彼は右隅で聴いています。緊張して吹いていますが若いね。95年頃かな。どれだけ凄い人かYouTube見たら分ります。僕が初めて彼の演奏を聴いたのはLPでSummertimeです。ブルージーなグリッサンドと美しい音色のクロマチックハーモニカに感動しました。

1914年アメリカ生まれ独学でハーモニカを学ぶ。当時マウスオルガンと呼ばれあまり楽器扱いされてなかった ハーモニカを民謡やブルースの範囲に留まらず、JAZZや クラシック音楽のステージにまで持ち上げた、最初の人。30'40'の黄金期、映画でも活躍。
 デューク・エリントン、ジャンゴ・ラインハルト、ディジー・ガレスビーなどのJAZZの巨星達との親交も深く、その音楽感性はハーモニカ、ファンのみならず、ジャンルを問わない多くの音楽好きの人々に愛されている。
作曲家、ジョージ・ガーシュインの「ラプソディ イン ブルー」をガーシュイン本人の前で演奏
し、この曲は君の為に作曲したようなものだと言わしめた。


With_larry_adler

2013年2月23日 (土)

Tiffanyで晩ご飯 ?

これがTiffany製のBlues Harpですわ。僕のんちゃいますよ。カバーはシルバーだそうです。今幾らするんでしょうか?
しかし昔見たのは確かHOHNER MARINE BANDと同じデザインやったと思うねんけど。ええなぁ。ええなぁ。持ってる人
ええなな。浅見さんも持ってるよ。ええな。ええな。

Img_0577a_2


2013年2月20日 (水)

一月のBACK IN TOWN Live

すっかりアップするのを忘れていました。 一月の曙橋「BACK IN TOWN」ライブの様子をお馴染みtencoさんが撮影してくれました。ありがとうございます。ゲストはギターの坂ノ下典正さんでした。"祈り"という言葉を連想させられるとても繊細な表現のプレイでした。次回のBITは4/11です。他にも写真があります。B0106640_23285860

2013年2月 5日 (火)

レ・ミゼラブル

今日ジャンバルジャン観に行ったけど、しまったミュージカルやっ

たんね。何で唄うねん!ミュージカルあかんねん。なんでそこで踊

るねん!眠たかった。本読んだ時の方が良かったな。
ところでハーモニカのジャンバルジャンは金曜日国分寺「giee」でライブやります。

Giee_pop_2

2011年12月31日 (土)

今年の締めくくり

今年の締めくくりは赤坂BLITZで森山良子さんのライブ「すべてが歌になっていった」でした。アルバムで参加させて戴きましたが、今回総勢16人のミュージシャンの一員としてお手伝いしました。ピアノの古川さん、ムーンライダース゛のメンバーである岡田さん、白井さん、ラストショウのトク、高田蓮くん達はよく知っていますが、その他のミュージシャンは初めましてでした。しかし皆さん素晴らしいプレイヤーばかりでした。それぞれの持ち味が森山さんの歌に寄り添いながら生かされていました。鈴木慶一さんの好プロデュースと森山良子さんの歌い手としてのスタンスのなせる技か。

Photo


2011年8月30日 (火)

「母の嘘」といううたの録音

梅雨のように小雨降る夜、江戸川橋は音羽にあるキングレコードの第一スタジオでお仕事。
「母の嘘」というタイトルの譜面を渡され同時録音である。編成は4リズムにストリングス、パーカッションかな?僕の個室からはその他の演奏者が見えなかった。歌手は女性でしたが仲介の方も何も仰らないので不明。アレンジャーは若草先生といわれる方で何回かご指名頂きありがとうございます。演歌とか歌謡界って先生って呼ぶんですね。僕も台湾ではマツダシェンシェイと呼ばれたことあるが・・・・。
久しぶりに古いデジカメひっぱり出して来た。KODAK DC4800 28mm。青の発色に特徴ありでFujiのFinePixよりこっちのほうが好き。

Dcp_0226


Dcp_0231


2011年7月 4日 (月)

Travessia (Bridges)

ハーモニカ教室の生徒さんにブラジルのミルトン・ナシメントの「Travesia」を吹いたらと勧めた。
大分前にベースのバカボン鈴木君が僕に勧めてくれた曲だが、その頃僕はそっちに目が向いていなかったのかそれっきりだった。メロディラインとコード進行がとても面白い素晴らしい曲である。ハーモニカではトゥーツ・シルマンスの「ブラジルプロジェクト」が有名だが、オリジナルはもちろんYoutubeで検索してみた。なかでも僕が気に入ったのはアイスランドのビョーク。この人の「Travesia」がとてもオリジナリティがありソウルフル。こうしていろんなバージョンを参考にすることが勉強になる。
僕もレパートリーに入れてみようと思っている。しかしギターの伴奏たいへん。

http://www.youtube.com/watch?v=_8TB86rxCJI

2011年6月22日 (水)

森山良子さん

今日は夕方から森山良子さんの録音で流通センターまでモノレールに乗っていきました.
がらんとした倉庫街の中に、ほんまにこんなとこにスタジオあるのか?
ちゃんとありました。すでに別の録音が始っていて、おやまあピアノのはっつぁんこと古川初穂さんが
いるではないか。まぁ前から森山さんのサポートしてるもんね。そして、アレンジャーは我らの鈴木慶一氏である。今日はバスハーモニカということ。森山さんに慶一君という意外なマッチはなかなか良かった。
森山さんは常に新しいチャレンジをされる方。うたを聴いているとこの人はきっと優しい心の持ち主だとわかるラインがある。先日のNHKといい良い録音の仕事ができて感謝。あと1曲10穴も吹いたし。
明日は裕美さんのリハーサル。ご無沙汰です。

Img_0493

2011年6月20日 (月)

NHK録音

今日は朝から渋谷のNHK506St.へ。久しぶりの斉藤ネコさん作曲・編曲。番組は「ポコポッテイト」で
曲は「ともだち かげぼうし」だそうです。ベースに井上くんだ。久しぶり! 編成は弦楽四重とクラシック&ラテンパーカッション、グランドハープ、4リズム隊。贅沢。同時録音である。なので小心者のわたくし、ハ長調なのに楽譜にドレミをふる。イントロと間奏、あと適当にオブリを入れる。あっと言う間に終了。美しいサウンドでした。
帰りに東急ハンズでハーモニカケースに良さそうなプラケースを見つけ購入.

Img_0491