« 小坂一也さん | トップページ | 入院しています »

2014年6月 2日 (月)

Larry Adler

この写真は僕の宝物です。ハーモニカの巨匠 Larry Adler歓迎レセプションでAmazing Glaceを吹いています。彼は右隅で聴いています。緊張して吹いていますが若いね。95年頃かな。どれだけ凄い人かYouTube見たら分ります。僕が初めて彼の演奏を聴いたのはLPでSummertimeです。ブルージーなグリッサンドと美しい音色のクロマチックハーモニカに感動しました。

1914年アメリカ生まれ独学でハーモニカを学ぶ。当時マウスオルガンと呼ばれあまり楽器扱いされてなかった ハーモニカを民謡やブルースの範囲に留まらず、JAZZや クラシック音楽のステージにまで持ち上げた、最初の人。30'40'の黄金期、映画でも活躍。
 デューク・エリントン、ジャンゴ・ラインハルト、ディジー・ガレスビーなどのJAZZの巨星達との親交も深く、その音楽感性はハーモニカ、ファンのみならず、ジャンルを問わない多くの音楽好きの人々に愛されている。
作曲家、ジョージ・ガーシュインの「ラプソディ イン ブルー」をガーシュイン本人の前で演奏
し、この曲は君の為に作曲したようなものだと言わしめた。


With_larry_adler

« 小坂一也さん | トップページ | 入院しています »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1453256/56398716

この記事へのトラックバック一覧です: Larry Adler:

« 小坂一也さん | トップページ | 入院しています »